よしむらファミリー訪問歯科からのごあいさつ

よしむらファミリー訪問歯科からのごあいさつ

お口の健康は、体の健康だけでなく、心にも直結する大切なもの。

毎日を生き生きと過ごすために必要な
「おいしい食事」「楽しい会話」
その全ての入り口はお口です。

しかし、施設に入っている方や身体的な問題で
歯科医院に通院できない方が、多く存在します。
私達はそんな方の毎日をより良くするために
訪問診療をしています。

当院の方針

  • 笑顔での会話を心がけ、コミュニケーションを大切にします。

    治療するだけで無く、利用者様のお友達になるのが目標です。

  • いつまで続くの?を無くします。

    内容を記載した報告書を毎回お持ちします。

  • 1回目は原則、お口全体の検診を行います。

    急を要すると医師が判断した場合は、相談の上、治療を開始します。

  • 訪問歯科専門の組織をつくり動いています。

    毎日、訪問歯科診療をおこなっています、専用の問合せセンターも用意しています。

  • 無理な治療はしません。

    利用者様個人にあったプランを提案します。
    治療計画をきちんと立て、常に利用者さん目線での治療をおこないます。

  • 入れ歯を作るときに名前を入れます。

    希望者に無料で、入れ歯にお名前を入れます。
    デイやショートなどでまざったり紛失のおそれを防ぎます。

訪問歯科診療とは

通院が困難な方のもとへ
歯科医が訪問して診療を行う
サービスです。

社会の高齢化に伴い、様々な病気や障害をもつお年寄りが増えています。
お口の中の悩みでは、"う蝕""歯周病"の二大疾患以外にも、
口臭・口内炎・唾液分泌の低下による口腔乾燥症・摂食・嚥下障害・誤嚥性肺炎など口腔機能の低下によってもたらされる訴えが増えています。

しかし、口の中にトラブルを抱えているものの歯科医院に通院できない方が、数多く存在します。そこでその様な方のために、「訪問歯科診療」がございます。
昨今、介護の現場で歯医者さんが訪問して治療やケアを行うことが増えています。

早期からのかかりつけ歯科医による治療・定期検診・通院ができなくなった場合でも、訪問歯科診療による口腔ケアや口腔管理を行うことで、昨今、介護の現場で口腔機能の低下を予防することが老後の生活の質を高めるために重要です。